テナガエビ 釣り入門
<% content.title %>スポンサードリンク



アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

テナガエビ釣りの準備をしよう


テナガエビ釣りは全国各地に生息しています。

テナガエビは結構おいしいエビです。

テナガエビを食べるには自分で獲る以外難しいです。

「普通のエビ」は売ってはいますが、テナガエビなんて一部地域でしか見たことがありません。

テナガエビを調達出来る手段は自分で獲るしかないっ!
もちろん、ここではその手法は釣りになります。

さあ、まずはテナガエビ釣りの道具をそろえるのですが、その前に身近な釣り場(環境)をいくつか調べてみましょう。

テナガエビ釣り場の環境によって若干道具選択が変わります。

身近な釣り場は浅場ですか?深場ですか?テトラですか?石垣ですか?
テナガエビは見えていますか?濁って見えませんか?

釣り場の調査が終わったら具屋に行き、テナガエビ釣りに必要な道具を揃えます。

関東のようにテナガエビ釣りが盛んなエリアではその道具の品揃えがあるでしょうからいっそ釣り具屋の店員さんに選んでもらいましょう。

釣具屋さんによっては、その釣り場を知っていて色んな事を教えてくれる場合もあります。

準備するものは、竿道糸ハリ(ハリス付)、オモリサルカンウキ(ウキ釣りの場合)といった所かな?

関東ではテナガエビ釣りの仕掛けそのものは出来合いのものがあるようですので、それを利用するのもいいかも知れません。

竿の長さはそのテナガエビポイントによって使いやすい長さを選びましょう。

テナガエビが目の前の浅場にいるようなら極端な話、伸べ竿の先だけで十分な場合もあります。

障害物と水深によって選択ください。
道糸の長さはその竿の長さにあわせましょう。

その他には、テナガエビを生かしておくバケツやフラシ。

たま網(無くてもいいですが、釣り上げた後にテナガエビに逃げられると結構くやしい)

関東などの水質がよろしくない環境でも、その後にテナガエビを食すつもりならミネラルウォーター等で生かしておきましょう。

テナガエビは体の中に水を入れ、その中のエラで呼吸しています。

だから最低限テナガエビの中の水を入れ替えないと、当然臭い訳です。

ここで釣りのマナーの話をしましょう。

大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」また、テナガエビの場合、釣り以外の方もいますからお互い注意しましょう。

海でも川でも湖沼でもり人のマナー向上をめざしましょう!


■スポンサードリンク■

posted by ラテスJP at 20:06 | テナガエビ釣りの準備をしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
<% content.title %>You Tube 動画
A

A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。