テナガエビ 釣り入門
<% content.title %>スポンサードリンク



アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

テナガエビの釣り方入門


テナガエビ釣り方自体は簡単です。
仕掛けを入れて待つだけ。

テナガエビは岩の隙間や底にいますから、底を取ることが重要。

まあ、想像の世界でも十分かるでしょう?
「そりゃあそうだろう」ってなもんです。

テナガエビを見ながら釣ってみるといろんなことが分かります。
まず見ながら釣る場合、テナガエビの前までエサを持っていきます。

テナガエビが見えますからね。
エサをテナガエビの目の前まで持っていくに越したことはない。

ここで、オモリが必要であることに気づく。
オモリも軽すぎると、テナガエビの前へエサをもって行きにくいのだ。

フワフワしちゃってダメなんですね。
操作性に向上の為、ガン玉をかまします。

テナガエビの目の前にエサを置いてやるとすぐにテナガエビはエサに飛びついてきます。

テナガエビには警戒心もクソもないのか?と思えるほど果敢にエサに飛びついてきます。

テナガエビの目の前までエサを持っていければ、飛びついてくることは分かった。

さて、ここからは引き上げのタイミングです。

テナガエビは長い手で掴んだエサを、今度は口へ運びます。
テナガエビ釣りはザリガニ釣りと違って口にハリを掛けます。

だから、テナガエビの口の中にハリが入ったタイミングを掴む必要があります。

最初にコツを掴むまでまあ数回は失敗するでしょう。

見ながらのテナガエビ釣りなら分かりそうなもんですが、エサをつかんだテナガエビは岩影などへ隠れようとします。

だからテナガエビが見えないんです。
さて、判断材料は何か?

大きく分けて、「時間」と「動き」があります。

「時間」の判断の方が明確ですが、テナガエビの動きが一定でない為、効率的ではないです。

さて、次に「動き」ですがテナガエビがエサを岩陰に持っていった状態で糸にテンションを掛けておきます。

すると、テナガエビはそれ以上岩陰に持ち込めないと判断するのかその場で食事を開始するようです。

そして、テナガエビの口に針が入って違和感を感じるのかテナガエビがピンピンと暴れます。

このタイミングで糸を引き、テナガエビを引きずり出します。
テナガエビ釣りにアワセはいりません。

ここから先は個人の努力・・・というかトライ&エラーでもっと良い方法を探ってください。

そこに住むテナガエビの性格が分かれば、条件の違うポイントや釣り方でもテナガエビの動きを想像することにより、テナガエビ釣りが成立します。

これは、ミャク釣りでもウキ釣りでも同じことです。

テナガエビのエサについては、ミミズ、アカムシ、サシ、アオイソメなど。
個人的にはミミズかアオイソメをテナガエビ釣りに使用しています。

ミミズの方が柔らかく、エサもちが悪いです。

よって、汽水域でのテナガエビ釣りでははもっぱらアオイソメを使用しています。

干からびたようなエサにもテナガエビは果敢に襲い掛かってきますよ。

テナガエビの目の前にエサをもっていけるなら、エサがどんなにショボイ状態でも問題ないです。

小さいエサ方がテナガエビの口の中に入れやすく、ハリ掛かりまでの時間は短くなります。


さて、何事もそうですが技術や腕前よりも大事なこと、それはマナーです。

皆が気持ちよく釣りが出来るよう必ずマナーを守りましょう!



■スポンサードリンク■

posted by ラテスJP at 20:07 | テナガエビの釣り方入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
<% content.title %>You Tube 動画
A

A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。